中部飼料株式会社 食肉鶏卵事業部 会社概要お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
         



中部飼料株式会社・食肉鶏卵事業部ではHACCP方式での品質管理をしております。
最近では食品のパッケージ等でもHACCPの文字が見られるようになりました。  まだ、HACCPという言葉があまり知られていない頃より、この方式に着目し、業界の中でも先駆けて導入しました。
では、このHACCPとはいったい何でしょうか???
ここではHACCPについてと、中部飼料株式会社・食肉鶏卵事業部としての取り組み等を説明しますね。





HACCPは1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式です。
それまでの食品の安全性確認は、主に最終製品の抜き取り検査により行われてきました。
ただ、出来上がった製品を全て検査することは不可能であり、それだけの検査では安全であるとはいえません。
そこでHACCPが登場します。



Hazard・Analysis・Critical・Control・Pointの頭文字を取ったもので、日本語では「危害分析必須管理点」といいます。
食品衛生の基本的な考え方として、まず製造する環境を整え清潔にすることで、より衛生的な製品を作る土台を作り上げます。
きれいな製品はきれいな工場でしか作ることはできません。
その上で、原料の入荷から製造・出荷までの全ての工程の中から起こり得る危害を予測し、その危害を防止(予防・消滅・許容レベルまでの減少)するための必須管理点を設定します。
設定した必須管理点を継続的に監視し記録することで不良製品の出荷を未然に防ぐようにします。
この考え方をHACCPと呼び、現在の食品衛生において、最も効果的に安全性を確保する方法の一つです。



当社社員の品質管理担当者にIHA(国際HACCP同盟)認定リードインストラクターを取得させています。
全国の契約農場へ定期的に訪問し、衛生管理の推進状況を厳しくチェックしています。
改善すべき点はデジカメにより撮影し、責任者に改めて目で見るという形で伝えることで成果を上げています。  また、食品衛生に関するアドバイスや従業員の皆さん向けに勉強会を実施し、意識の向上にも努めています。
Copyright(c)2012 Chubushiryo.Co.,Ltd. All Right Reserved.